能動受動態をとる動詞一覧:sell「売れる」、read「読める」など

難易度:★★★☆
頻出度:★☆☆☆

今回は能動受動態について解説します。

高校英語では聞かない文法用語かもしれませんが、能動受動態をとる代表的な動詞は押さえておくべきです。

文法問題や読解問題を解く際のポイントとなることもありますので。

この記事では能動受動態とは何かを説明した後、覚えておくべき能動受動態をとる動詞を一覧にしてご紹介します。

スポンサーリンク

能動受動態とは

能動受動態という文法用語を覚える必要は全くありませんが、どういうものかは知っておくと良いでしょう。

能動受動態とはその名のとおり、能動態で受動態の意味になる用法のことです。

例えば次の例文をご覧ください。

<例文>
This t-shirt sells well to soccer fans.
このTシャツはサッカーファンによく売れる。

sell は普通他動詞で「~を売る」の意味ですが、このように自動詞で「売れる」の意味で用いられることがあります。

自動詞なのでもちろん能動態の文ですが、Tシャツは「モノ」で「売られる」ものなので、意味的には受動態になっています。

このように、自動詞がつくる能動態の文であるにもかかわらず、受動態の意味になるのが能動受動態です。

もう1つ例文を見てみましょう。

<例文>
This sentence reads many ways.
この文は何通りにも読める(解釈できる)。

read も能動受動態をとることで有名な動詞です。

自動詞として用いられると「読める」の意味になります。

<メモ>
能動受動態をとる自動詞の後には状態や程度を表す副詞が続くことが多いです。
1つ目の例文で出てきた well が特に常連でしょうか。

<メモ>
特段覚える必要はないですが、能動受動態はふつう現在時制で使います。

能動受動態をとる動詞一覧

能動受動態をとる動詞は概ね決まっています。

入試英語で特に頻出なのはダントツで先ほどの sell売れる」と read読める」です。

他にも次の動詞たちが能動受動態をとることで有名です。

(個人的に重要だと思う順で書いています。)

意味も含めて知っておくと良いでしょう。

tear「破れる」

cut「切れる」

wash「洗える」

drive「運転できる」

(後ほど単語カードにもまとめます。)

<コメント>
もちろん他にもいろいろな動詞が能動受動態をとることができますが、大学受験およびTOEIC対策としてはこれらを覚えておけば十分だと思います。
こうして見ると基本的な動詞ばかりですね。

【発展・注意】can’t は使用不可

ここで1点、少々発展的ですが注意点をお伝えします。

余裕がある方は覚えておいてください。

能動受動態を否定文で使う場合、can’t は使用不可で、won’t や don’t(doesn’t)を使います。

どういうことか次の例文で説明しましょう。

<例文>
This sentence won’t [doesn’t] read so.
この文はそのようには読めないよ。

能動受動態として使われる自動詞の read の意味は「読める」でした。

上で示した他の動詞たちもそうですが、この訳には「可能」の意味が内包されています。

(なので肯定文では can は不要です。)

よって否定文で can’t を使うと可能の意味がダブることになり不自然になります。

こういうわけで can’t は使用不可なのです。

「読める」などの意味をしっかり覚えていればいるほど can’t を使いたくなるところですが、グッとこらえて won’t などを使いましょう。

問題に挑戦!

それではここで、理解度チェックの例題にチャレンジといきましょう。

和訳、英訳(英作文)、書き換えの3題を用意してみました。

問題1

次の英文を訳せ。
Your composition reads really well.

問題2

次の和文を英訳せよ。
今週はパソコンがとてもよく売れる。

問題3

次の2つの英文がほぼ同じ意味になるように空欄に適語を入れよ。
・This kitchen knife cuts easily.
・This kitchen knife is easy (   ) (   ) (   ).

<解答・解説>

1.

composition は日本語で言う「作文」です。

意外と知られていない英単語なので押さえておきましょう。

そして自動詞の read は「読める」の意味でした。

以上より「君の作文は本当によく書いてある。」くらいが適切な訳でしょう。

2.

sell売れる」を使います。

パソコンは PCs でも personal computers でもOKでしょう(複数形にしましょう)。

よって答えは「PCs sell very well this week.」です。

3.

与えられた英文は「この包丁は簡単に切れる。」の意味です。

書き換え後の英文の「is easy」に着目しましょう。

少し難易度は高いですが、「この包丁で切るのは簡単だ。」と訳を少し変えて、タフ構文に気付きたいところです。

タフ構文については次の記事で詳しく解説しています。

タフ構文では不定詞句の最後で名詞が欠けるのでした。

「この包丁で切る」は「with this kitchen knife」なので、this kitchen knife が主語になると with が最後に残ります。

よって答えは順に tocutwith で、完成する英文は「This kitchen knife is easy to cut with.」です。

なお、これを「It is easy to cut with this kitchen knife.」とも書き換えられるようにしておきましょう。

まとめ

最後に今回のテーマのまとめです。

能動受動態をとる動詞については、真っ先に覚えるべきは sellread、余裕がある方はそれ以外も、という整理で覚えておきましょう。

能動受動態とは何かも一言で、併せて次の単語カードのようにまとめておきます。

能動受動態のポイントと能動受動態をとる動詞一覧(1)

能動受動態のポイントと能動受動態をとる動詞一覧(2)

今回はここまでです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!