All you have to do is (to) do の意味、注意点、同意表現を丁寧に解説!

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★★

All you have to do is (to) do ~」はテストでも頻出、会話でも頻出の超重要表現です。

今回はこの表現について、注意点や同意表現を丁寧に解説します。

最後にポイントのまとめと問題演習がありますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

All you have to do is (to) do ~ の意味

All you have to do is (to) do ~」は「あなたは~さえすれば良い」の意味です。

一つ目の do は「する」という意味の動詞の do で、二つ目の do は任意の動詞という意味です。

<例文>
All you have to do is (to) believe me.
君は僕の言うことを信じてくれさえすれば良い。

一般的に、you を他の主語S(文全体の主語ではなく、次に説明する関係代名詞節内の主語)に置き換えて「All S have to do is (to) do ~」とすれば、「Sは~さえすればよい」の意味になります。

ただ、you を使う場合が圧倒的に多い印象です。

【注意】All の後には that が省略されている

ではこの表現の構造の話を少しさせてください。

実は All の後で関係代名詞の that が省略されています

that の関係代名詞節は一つ目の do までで、All を修飾し、「あなたがしなくてはならない」という意味を付加しています。

All that you have to do is (to) do ~

ここで、関係代名詞節内は名詞が欠けて不完全文になるはずです。

この表現でも、ちゃんと do の目的語が欠けて不完全文になっていますね。

※関係代名詞節内の構造について不安な方は、是非次の記事をご参照ください。

また、ここでの先行詞 All は代名詞で、「すべてのこと」という意味です。

なのでこの表現を直訳すると、「あなたがしなくてはならないすべてのことは~だ」になるので、上で説明した意訳になります。

さて、All が先行詞のときは関係代名詞として that の使用が好まれるのでした。

関係代名詞で that のみが使用できるパターンと、逆に that が使用できないパターンについては次の記事で詳しく解説しています。

【注意】is の後は原形不定詞 または to-不定詞

「All you have to do is (to) do ~」の is の後ろは原形不定詞か to-不定詞となります。

※(to)を省略した場合が原形不定詞で、原形不定詞を用いる場合が多いです。

!発展!

ちなみに、このように is の後で原形不定詞が使用可能(to が省略可能)なのは、主語の部分、つまり is の前に動詞の do がくる場合のみです。

<例文>
All I want to do is (to) make some music.
私がやりたいことは、音楽をつくることだけだ。

【同意表現】You have only to do ~

「All you have to do is (to) do ~」は「You have only to do ~」で置き換えられます。

only は「たった」や「だけ」の意味なので、違和感は無いですよね。

<例文>
You have only to believe me.
君は僕の言うことを信じてくれさえすれば良い。

まとめ

ここまで「All you have to do is (to) do ~」に関する知識をいろいろと紹介してきました。

いつも通り単語カードに、使える形でまとめておきますので、適宜ご活用ください。

All you have to do is (to) do ~ の意味、注意点、同意表現のまとめ(1)

All you have to do is (to) do ~ の意味、注意点、同意表現のまとめ(2)

問題に挑戦!

では今回のテーマに関する例題に挑戦してみましょう。

問題

Q. 次の英文を訳せ。

All you have to do to impress your boss to get promoted is work hard.

to がいっぱい出てきて構造が把握しづらい英文ですね。。。

<解答>

All の直後で that が省略されていて、is の前までが関係代名詞節になっているということを知らないと厳しい問題です。

特に本問では先行詞 All を説明する関係代名詞節が、目的を表す to-不定詞の副詞句によって長くなっています。

All (that) you have to do to impress your boss to get promoted

昇進するために上司を感心させるために、あなたがしなくてはならないすべてのこと

以上のことに気が付くことができれば、訳自体は簡単です。

訳例は、「昇進するために上司を感心させるには、あなたは仕事を熱心にしさえすれば良い。」となります。

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきありがとうございました!