as long as と as far as の違いを絶対に間違えない覚え方

難易度:★★★☆
頻出度:★★★☆

as long asas far as は似たような形、そして意味の接続詞です。

両者の区別を正確に把握していないと解けない問題も多く出題されますので、この記事で完璧に理解していただきたいと思います。

スポンサーリンク

as long as

as long as には二つの意味があります。

それぞれ確認していきましょう。

時間的な限度

一つ目の意味は「時間的な限度」です。

訳は「~する限り」が一般的ですが、この訳だと as far as との区別がつきにくいです。

そこで「時間的な」というニュアンスに着目し、「~する間』で言い換えられる場合は as long as」と覚えておきましょう。

次の例文でご確認ください。

<例文>
As long as she’s here, I can’t concentrate on my work.
彼女がここにいる限り、私は仕事に集中できない。
→「彼女がここにいる間」と言い換えられる!

<例文>
As long as the system is operating, you can’t turn the light off.
システムが作動している限り、ライトを消すことはできない。
→「システムが作動している間」と言い換えられる!

「~する間」なので while に置き換えられますね。

条件

二つ目の意味は、条件~しさえすれば(= only if)」です。

この場合は「so long as」ともいうことに要注意です。

<例文>
Other things don’t matter to me as long as you are here with me.
君がここで一緒にいてくれさえすれば他のことはどうでもいい。

【注意】前置詞の用法もあり

as long as には期間が長いことを表す「~もの間」という前置詞の用法もあります。

<例文>
I have lived here as long as three years.
私はここに3年間も住んでいる。

as far as

続いて as far as です。

こちらは意味は一つだけなので少し簡単です。

範囲・程度の限度

as far as も「~する限り」と訳しますが、「範囲や程度」に関して用います。

~する範囲』で言い換えられる場合は as far as」と覚えておきましょう。

また、「so far asともいうので注意です。

<例文>
As far as I know, she is one of the greatest singers on earth.
私が知る限りでは、彼女は地球上でもっとも偉大な歌手の一人だ。
→「私が知る範囲では」と言い換えられる!

【注意】前置詞の用法もあり

as far as には距離が長いことを表す「~まで」という前置詞の用法もあります。

<例文>
I went as far as Tokyo.
私は東京まで行った。

まとめ

ここまでのポイントをいつも通り単語カードにまとめておきます。

是非ご活用ください。

as long as と as far as の違いの覚え方のまとめ(1)

as long as と as far as の違いの覚え方のまとめ(2)

接続詞の用法をまとめましたが、上で注意したようにそれぞれ前置詞の用法もあることを覚えておきましょう。

問題に挑戦!

それでは最後に、理解度チェックの例題に挑戦してみましょう!

問題

次の空欄に当てはまるのは long と far のどちらか。
As (   ) as I can judge, it is natural that he help you.
私の判断する限りでは、彼があなたを助けるのは当然のことだ。

<解答>

「~する間」で言い換えられれば as long as、「~する範囲」で言い換えられれば as far as でした。

今回は後者で、「as far as I can judge私の判断する限りでは)」とするのが正解です。

たまに見かける成句表現なので、そのまま覚えておいても損はないでしょう。

ちなみに、後半の that節内で he の後が help になっているのはミスではありません。

natural のように必要要求判断を表す形容詞の後の that節内では「(should+)原形」を用います。

これは非常に重要な文法知識ですので、今回の問題で気付くことができなかった方は、次の記事で復習することをオススメします。

今回取り上げた二つの接続詞はかなり頻出なので、必ず押さえておきましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました。