by oneself と for oneself と to oneself、ややこしいから総整理!

難易度:★★★☆
頻出度:★★☆☆

前回の記事の例題演習の中で by oneself について触れました。

by oneself はその意味を誤解している方が意外と多く見受けられる熟語です。

今回はこの by oneself に for oneselfto oneself を加えた、紛らわしい前置詞+oneself 3兄弟の意味を総整理します。

ややこしくて難易度は少し高めですが、この機会に全てまるっと押さえていただきたいと思います。

スポンサーリンク

by oneself

by oneself は「ひとりで」の意味です。

同意語としては alone が挙げられます。

また文脈によっては「自力で」や「ひとりでに」などと訳すと良いでしょう。

直訳では意味がとりづらいので、最も注意すべき重要かつ頻出な表現です。

<例文>
My uncle lives by himself.
私の叔父は一人暮らしだ。

<例文>
The machine finally stopped by itself.
ようやくその機械はひとりでに止まった。

for oneself

続いて for oneself は「」や「自分のために」の意味です。

1つ目の意味は by oneself とほぼ同じであり、2つ目の意味は直訳そのままなので、案外覚えやすいかもしれません。

<例文>
Do your homework for yourself.
自分で宿題をしなさい。
※ homework はビジネスなどでは「準備・下調べ」の意味にもなります。

<例文>
To live your own life is to do things for yourself by yourself.
自立する(自分の人生を生きる)ということは、物事を自分のために自分でするということだ。

to oneself

最後の to oneself は「自分だけに」の意味です。

相手に指をさして次の例文を言う場面を想像すれば、to の基本イメージである「到達」で理解しやすいのではないでしょうか。

<例文>
Keep the secret to yourself.
その秘密は胸にしまっておきなさい。

まとめ

最後にまとめです。

by oneselffor oneselfto oneself はいろいろ難しく考えずに丸暗記してしまうのが手っ取り早いと思います。

次の単語カードのようにまとめておきますので、適宜ご活用ください。

by oneself, for oneself, to oneself の意味まとめ(1)

by oneself, for oneself, to oneself の意味まとめ(2)

今回は例題演習はお休みで以上となります。

(冒頭で紹介した前回の記事の例題に是非挑戦してみてください。)

最後までお付き合いいただきありがとうございました!