catch on の2つの意味は catch on with と catch on to の形で覚えよう

難易度:★★☆☆
頻出度:★★☆☆

今回取り上げるテーマは英熟語の catch on です。

catch on は2つの意味をもつイディオムですが、どちらの意味でも、後にさらに前置詞が続く場合があります。

むしろ追加の前置詞も含めて暗記しておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

流行する

catch on の1つ目の意味は「流行する流行る(はやる)」です。

普通「流行する」のはファッションなどですから、この意味では基本的に「人」ではなく「物」が主語になります。

早速例文を見てみましょう。

<例文>
The anime caught on quickly.
そのアニメはすぐに流行った。

catch on with A

catch on の後に with を続けると、流行の対象を示すことができます。

つまり「catch on with A」で「Aの間で流行する」となります。

先ほどの例文に少し付け加えてみましょう。

<例文>
The anime caught on with people of all ages.
そのアニメは全ての年代の人々の間で流行った。

理解する

catch on の2つ目の意味は「理解する」です。

understand と大体同じ意味ですが、くだけた印象を与えます。

この意味では(受身でない限り)基本的に「人」が主語なので、先ほどの意味との判別は容易です。

例文を見てみましょう。

<例文>
I caught on after his lecture.
私は彼の講義の後で理解した。

catch on to A

1つ目の「流行する」の意味の場合もそうですが、catch on 自体は自動詞として働きます。

つまり catch on の後にそのまま目的語となる名詞がくることはありません。

よって理解する対象の目的語を示すときは、さらに前置詞が必要となります。

この場合、追加で用いる前置詞は to です。

つまり「catch on to A」で「Aを理解する」となります。

<例文>
He caught on to what the teacher had explained.
彼は先生が説明したことを理解した。

【余談】2つの意味の関係?

ファッションなどが「流行する」ということは、その良さを多くの人が「理解する」ということです。

このように2つの意味を無理やり(?)関連付けて覚えるのも手だと思います。

まとめ

最後にこの記事のまとめです。

catch on は「catch on with A」と「catch on to A」の形で押さえておくと万全です。

次のように単語カードにまとめておきます。

catch on の2つの意味と使い方のまとめ(catch on with と catch on to)(1)

catch on の2つの意味と使い方のまとめ(catch on with と catch on to)(2)

今回は簡単ですが以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。