coward と cowardly の意味と品詞、「臆病な」はどっち?

難易度:★☆☆☆
頻出度:★☆☆☆

今回は英単語 cowardcowardly についてちょっとした注意喚起を行いたいと思います。

特段大学入試対策といった内容ではないですが、coward はよく使われる基本単語ですし、派生語の cowardly もセットにして注意点を押さえておいていただきたいと思います。

練習問題で他の重要事項も確認できるようにしておきましたので、取り組んでみていただければ幸いです。

スポンサーリンク

coward は名詞

coward は「臆病者」の意味で、名詞です。

こちらは特に問題ないかと思います。

意味を覚えてしまえば終了です。

例文は次のとおりです。

<例文>
You’re such a coward!
この臆病者め!

cowardly は形容詞

注意すべきはこちら、 cowardly です。

ly がついているので副詞と誤解しがちですが、cowardly は形容詞です。

形容詞、つまり基本的には名詞にかかるので、意味は「臆病な」となります。

例文も見てみましょう。

<例文>
I was surprised that he had taken such a cowardly action.
彼がそんな臆病な行動をとったなんて驚きだった。

ly がつく形容詞

ちなみに、同様に語尾に ly がつく形容詞として、

likely「ありそうな」

friendly「友好的な」

lonely「孤独な」

lively「活発な」

costly「高価な」

などがあります。

余裕がある方は覚えておくと良いかもしれません。

特に likely は「be likely to do~」と「It is likely that S+V ~」という重要なイディオムを形成するので必ず押さえておきたいところです。

(likely には副詞としての用法もあります。)

問題に挑戦!

ここで1つ、練習問題をつくってみました。

お時間がある方は考えてみてください。

問題

1つ上の例文を主語を He にして書き換えよ。

<解説>

いくつか解答が考えられると思いますが、私が用意した模範解答は次のとおりです。

He が主語なので「彼がそんな臆病な行動をとった」という「原因」が前、「私が驚いた」という「理由」が後にきます。

そこで「such/so … that ~」の構文を活用すればよいでしょう。

<解答例1>

He took such a cowardly action that I was surprised.

例文では「had taken」と過去完了を使っていましたが、これは「彼がそんな臆病な行動をとった」のが「私が驚いた」のより前に起こったことだからです。

過去完了の大過去の用法ですね。

しかし物事を起こった順に書くときは両方過去形を用いるのが普通なので、ここでは took を用いています。

次の記事も参考にしてください。

<解答例2>

He took so cowardly an action that I was surprised.

「such a 形容詞 名詞」を「so 形容詞 a 名詞」で書き換えたバージョンです。

(名詞が後に続くときは so よりも such を使う方(つまり解答例1の方)が自然です。)

so の場合は後ろの語順が変わるので要注意です。

次の記事で解説している、入試でもよく出題される重要事項です。

まとめ

最後にここまでのまとめです。

今回の最大のポイントは「cowardly形容詞」ということでした。

それを強調しつつ、coward と cowardly の意味と品詞を単語カードにまとめておきます。

coward と cowardly の意味と品詞のまとめ(1)

coward と cowardly の意味と品詞のまとめ(2)

今回は少し短めですが、ここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!