during はやっかい:for や while との違いや during which などの応用形を攻略!

難易度:★★★☆
頻出度:★★☆☆

during は「~の間」と期間を表しますが、似た意味の for との違いは少し難解です。

似た意味とはいえ、during と for は互いに置き換えられません

今回は両者の使い分けを詳しく解説し、while についても触れます。

入試でもちょくちょく聞かれる内容なので、この機会に完璧に押さえておきましょう!

スポンサーリンク

during which については最後に説明します。
目次から気になるところにジャンプしていただいても結構です!

during の使い方

during前置詞で、後に名詞を伴います。

訳は「~の間」です。

特定の期間を表す

during の後にくるのは特定の期間を表す名詞です。

具体的には、所有格や定冠詞などで限定された名詞となります。

次の例文で確認してください。

<例文>
I stayed in Hawaii during my summer vacation.
私は夏休みにハワイに滞在した。

When で尋ねる

このように during は期間の「長さ」ではなく「いつ」を表します。

よって疑問文で尋ねるときは when で聞きます。

<例文>

A) When did you stay in Hawaii?
B) During my summer vacation.

A) いつハワイに滞在したの?
B) 夏休みの間だよ。

for の使い方

for も同じく前置詞なので、後に名詞を伴います。

こちらも「~の間」と訳せますが、during とは次のような違いがあります。

期間の長さを表す

for の後に来るのは期間の長さを表す名詞で、数詞が付く場合も多いです。

次の例で確認してください。

<例文>
I’ve stayed in Hawaii for two months.
私はハワイに2ヶ月間滞在している。

How long で尋ねる

このように for は「いつ」ではなく期間の「長さ」を表します

よって疑問文で尋ねるときは How long で聞きます。

<例文>

A) How long have you stayed in Hawaii?
B) For two months.

A) どれくらいハワイに滞在しているの?
B) 2ヶ月間だよ。

while の使い方

ここまで期間を表す2つの前置詞を解説してきました。

「~の間」を表す語に while もありますが、こちらは接続詞です。

後ろに S+V 構造がくるので during や for とは別物です。

<例文>
Please come and see me while I’m in Hawaii.
私がハワイにいる間に会いに来てください。

while のその他の意味や注意点については次の記事で解説していますので、併せてご確認ください。

この記事で while 節中での主語と be 動詞の省略などにも触れています!

during, for, while のまとめ

ここでまとめです。

長々説明してきましたが、次の単語カードでポイントを総ざらいしておきましょう。

during, for, while の使い分け(1)

during, for, while の使い分け(2)

問題に挑戦!

それでは今回のテーマを復習しましょう。

during と for の使い分けをマスターするための問題を作ってみました。

問題

以下のそれぞれの空欄に当てはまる前置詞は during と for のどちらか。
①The doors remained closed (   ) the movie.
②She has been dead (   ) five years.
③I fell asleep (   ) his lecture.

<解答>

空欄の後が所有格や定冠詞などで限定された(特定の)期間なら during を、数詞がついた期間の長さなら for を選びます。

①の空欄の後は the movie と定冠詞で限定されているので、答えは during です。

訳は「その映画の間(上映中)、ドアは閉められていた。」です。

②の空欄の後は five years と数詞が付いた期間の長さになっているので、答えは for です。

for がよく用いられる現在完了になっていることもヒントです。

訳は「彼女が死んで5年になる。」です。

この文の書き換えを含む、「~から〇〇経つ」といった時間の経過を表す表現については次の記事で詳しく解説しています。
お時間があるときに是非ご覧ください。

③の空欄の後は his lecture と所有格で限定されているので、答えは during です。

訳は「彼の講義中に私は居眠りした。」です。

【発展】during which と during which time

最後に応用形として、during whichduring which time について説明します。

次の例文をご覧ください。

<例文>

World War II, during which many people are killed, ended in 1945.
多くの人々が亡くなった第2次世界大戦は1945年に終結した。

The typhoon raged all night, during which time we couldn’t sleep well.
台風が夜通し猛威を振るい、その間私たちはよく眠れなかった。

前置詞+関係代名詞」に during が用いられると、during which という形になります。

主に非制限用法(継続用法)でこの形が用いられ、「その間」などと訳します。

非制限用法については次の記事をご確認ください。

1つ目の例文では、during which が第2次世界大戦という固有名詞を説明する非制限用法の関係代名詞節を率いています。

非制限用法は訳し下げるのが有効ですが、自然な日本語になるなら、上の例文のように関係詞節を先行詞にかける訳し方でも大丈夫です。

2つ目の例文の which は time にかかっているので、関係形容詞と呼ばれます。

非制限用法の which は前文全体またはその一部を先行詞とできますが、この例文では微妙なところです。

前文全体(台風が夜通し猛威を振るっていた間)、またはその一部(all night)のどちらでも意味としては通るからです。

<さらに発展!>
during which と during which time の違い

例文のように、during which は「出来事」を先行詞にし、その間に何があったかを関係代名詞節で説明します。
一方、during which time は「期間」を先行詞にし、その間に何があったかを関係形容詞節で説明します。

この使い分けに関する問題はテストではまず見ないので、参考程度に思っておいてください。

今回は during とその同意語について、かなり深く解説しました。

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!