分数を英語で表現するときのルールと例外

難易度:★☆☆☆
頻出度:★★☆☆

今回は分数の英語表現を説明します。
一度覚えてしまえば楽勝ですよ!

スポンサーリンク

分数の英語表現のルール

分数を英語で表現するときは次のルールに従います。

<ルール>
・分子、分母の順にする。
・分子は基数、分母は序数にする。
・分子が2以上のとき、分母を複数形にする。

※基数は普通の数字と考えて問題ありません。
※序数は second、third など数える数字です。

次の例で確認してください。

<例>
3分の1:one third(a third)
3分の2:two thirds

「〇分の1」のときの分子は「one」の代わりに「a」も使えます。

分数の英語表現の例外

例外は「2分の1」です。

上のルールだと、「one second」になりますが、これだと「1秒」の意味にもなり、紛らわしいのでNGです。

<1/2に注意!>
2分の1 は「a half」もしくは「one half」と言います。

問題に挑戦!

今回も演習で知識の定着を図りましょう!

簡単な英作文の問題ですが、時制にも注意して考えてみてください。

問題

次の和文を英訳せよ。
私はこの仕事の4分の3を終えたところです。

<解答>

ルールに従うと、「4分の3」は「three fourths」です。

分子が2以上なので、分母が複数形になることに注意しましょう。

「終えたところ」は現在完了で表すと良いでしょう。

次のような英文を思いつけたらバッチリです。

<正解例>
I’ve finished three fourths of this work.

まとめ

最後にいつも通り単語カードにまとめを書いておきます。

是非ご活用ください。

分数を英語で表現するときのルールと注意点のまとめ(1)

分数を英語で表現するときのルールと注意点のまとめ(2)

以上となります。
最後まで読んでいただきありがとうございました!