if ever の意味は一緒に使う否定語と共に覚える!

難易度:★★★☆
頻出度:★☆☆☆

前回は「if anything」、前々回は「if any」の意味を解説しました。

本記事を読まれる前にチェックしていただくとより効果的です。

そして今回は「if+○○」の最後の1つ、「if ever」を取り上げます。

これまた少し難易度が高い表現ですが、前述の2つの熟語と関連付けて押さえておけば大丈夫です。

注意点も含めてじっくり解説したいと思います。

スポンサーリンク

たとえあるとしても(めったにない)

if ever」の訳として真っ先に思い浮かべていただきたいのが、「たとえあるとしても」です。

普通は直前に置かれる seldom や rarely などの否定語と共に、「たとえあるとしてもめったにない」の意味をつくります。

冒頭で紹介した記事を読んでいただければ、「if any」や「if anything」の2つ目の意味と同じパターンだとすぐにお気付きになると思います。

唯一の違いはセットで用いる否定語で、「if any」と「if anything」では fewlittle を用いるのでした。 

few や little は基本的に形容詞で、名詞を修飾します。

なので「few/little + if any/anything」は名詞の数が話題となり、「たとえあるとしてもわずかしかない」と訳すのが適切です。

一方、seldom や rarely は副詞で、動詞を修飾します。

よって「seldom/rarely + if ever」は動詞の頻度が話題となり、「たとえあるとしてもめったにない」と訳すのが適切です。

<メモ>
few と little には明確な使い分けがあります。
few は複数名詞(可算名詞の複数形)に、little は不可算名詞につくのでした。
一方、seldom と rarely はほぼ同じ意味の単語です(seldom の方が堅いイメージです)。

少し話が長くなってしまいました。

何はともあれ、例文を見てみましょう。

<例文>
She seldom, if ever, goes shopping alone.
彼女が一人で買い物に行くことは、たとえあるとしてもめったにない。

シンプルに「彼女はまず一人では買い物に行かない。」などと訳しても良いと思います。

【注意】普通の if 節内の ever

「if ever」の直前に seldom や rarely がない場合、別の訳し方を検討する必要があります。

考えられるケースとしては、「もし」の if 節内の ever「かつて/いつか」が強調されて節の先頭に出てきているケースです。

次の例文で確認してください。

<例文>
If ever you need me, let me know.
もし私のことが必要なら、知らせてね。

この英文では無理に ever を訳さなくても良いでしょう。

【参考】if ever there was one

入試ではまず見かけないので参考程度ですが、「if ever」を含むイディオムに「if ever there was one」があります。

直訳は「もしこれまでに~がいるとしたら」で、ここから転じて「間違いなく」の意味になります。

一応例文も示しておきますね。

<例文>
She is a great violinist if ever there was one.
偉大なバイオリン奏者がいるとすれば、彼女がまさにそうだ。
→ 彼女は間違いなく偉大なバイオリン奏者だ。

まとめ

いつもどおり最後にまとめです。

「if ever」は「if any」&「if anything」と一緒に押さえておくのがオススメです。

セットで使う否定語に注意して暗記しておきましょう!

if ever の意味まとめ(1)

if ever の意味まとめ(2)

今回、そして「if+○○」シリーズは以上となります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。