if it were not for の意味と同意表現のまとめ。倒置など注意点も多数!

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★☆

皆さん、こんにちは!

今回は仮定法の頻出表現である「if it were not for」を解説します。

意味と用法に加え、注意しておきたい点も紹介しますので、「もう覚えているよ!」という方も是非最後までお付き合いください。

なお、本記事の中で仮定法過去、仮定法過去完了、仮定法での if の省略(倒置)等について触れています。

これらについて不安な方は、是非次の記事もご参照ください。

それでは今回も張り切っていきましょう!

スポンサーリンク

if it were not for の意味

if it were not for ~」は仮定法過去の慣用表現で、「もし~がなかったら」の意味です。

仮定法過去なので、現在の事実と反対の仮定を表します。

このイディオムは条件節に用いられますので、仮定法過去の条件節のルールにのっとり、「if+S+過去形」の形になっています。

また、基本的に主節には(仮定法過去で揃えて)「would+動詞の原形」がきます。

<例文>
If it were not for his help, I would not be successful.
彼の助けがなかったら、私の成功はないだろう。

短縮形もよく見かける

「were not」が短縮され、「if it weren’t for ~」として用いられることも多いです。

先の例文は短縮形を用いると次のように書けます。

<例文>
If it weren’t for his help, I would not be successful.
彼の助けがなかったら、私の成功はないだろう。

「it were」が省略された形もアリ

ちなみに、「it were」が省略され、「if not for ~」という簡略化された形で用いられることもあります。

しかし、大学受験やTOEICテストなどではこの形にお目にかかることはほとんどありませんので、無理して覚える必要はありません。

if it were not for の倒置

一般に仮定法の条件節で if が省略されると倒置形になります。

「if it were not for ~」も if が省略され、「Were it not for ~」の形で用いられることがよくあります。

先の例文で if を省略した場合は次のようになります。

<例文>
Were it not for his help, I would not be successful.
彼の助けがなかったら、私の成功はないだろう。

【注意!】短縮形は倒置できない!

上で「were not」を短縮した「if it weren’t for ~」もよく見かけると書きましたが、この形から if を省略&倒置して、「Weren’t it for ~」とすることはできません!

これは盲点になりやすい事項ですので、注意しておきましょう。

つまり、次の英文は誤りです。

× Weren’t it for his help, I would not be successful.

仮定法過去完了では「if it had not been for」

「if it were not for ~」の仮定法過去完了バージョンが存在します。

if it had not been for ~」です。

仮定法過去完了なので、過去の事実と反対の仮定を表し、「(過去に)もし ~ がなかったら」の意味です。

こちらは仮定法過去完了の条件節のルールにのっとり、「If+S+had+過去分詞」の形になっていますね。

<例文>
If it had not been for the rain, we would have not missed the train.
もし雨でなかったら、その電車に間に合っていただろうに。

このように主節には(仮定法過去完了で揃えて)「would+have+過去分詞」がくることが多いですが、次の仮定法過去と仮定法過去完了の併用パターンも頻出です。

仮定法過去と併用するパターンも!

冒頭で紹介したこちらの記事でも触れましたが、仮定法過去完了と仮定法過去を併用して、「(過去に)~だったら、(今)~なのに」を意味する英文はテストでよく狙われます。

このようなケースでは、過去や現在(今)を表す副詞(句)、例えば then や now などに注目することがポイントです。

<例文>
If it had not been for his help then, I would not be successful now.
あのとき彼の助けがなかったら、今の私の成功はないだろう。

注意点は共通

「if it were not for ~」のところで述べた用法および注意点が「if it had not been for ~」にもそのまま当てはまります。

つまり次のとおりです。

  1. 短縮形「if it hadn’t been for ~」もよく見かける。
  2. if を省略すると倒置形「Had it not been for ~」になる。
  3. 短縮形は倒置にできない(「Hadn’t it been for ~」は不可)。

「もし~がなかったら」の同意イディオム

「if it were not for ~」と「if it had not been for ~」はどちらも、副詞句「but for ~」および「without ~」で置き換えられます。

これらについては次の記事でテーマ化していますので、併せてご確認ください。

まとめ

今回は「if it were not for ~」と「if it had not been for ~」について解説しました。

長いイディオムですが、しっかり覚えて仮定法で高得点を狙いましょう!

次のカードに注意点をまとめましたので、参考にしてください。

if it were not for と if it had not been for の意味と使い方のまとめ(1)

if it were not for と if it had not been for の意味と使い方のまとめ(2)

問題に挑戦!

最後に今回のテーマの習熟度を確認する例題にチャレンジしてみましょう。

問題

次の日本語を英訳せよ。
彼のレインコートがなかったら、今頃私はずぶぬれだ。

<解答>

上で扱った「併用パターン」です。

条件節は過去、主節は現在のことを言っているので、条件節では仮定法過去完了の表現「if it had not been for ~」を、主節では仮定法過去を用います。

<訳例>
If it had not been for his raincoat, I would be drenched to the skin now.

be drenched [get wet, get soaked] to the skin (by the rain)」は「(雨で)ずぶ濡れだ」の意味のイディオムです。

あまり使われませんが、余裕がある方は覚えておきましょう。

なお、条件節を、

if を省略した倒置形

Had it not been for his raincoat,

同意の副詞句を用いて

But for his raincoat,

Without his raincoat,

などとしてもOKです。

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!