時間の経過を表す英語表現のまとめ。主語が「It」か「年月」かをチェック!

難易度:★☆☆☆
頻出度:★★★☆

今回は「~から〇〇経つ」といった時間の経過を表す表現を整理します。

基本的な内容ですが、書き換え問題などで頻出なので、完璧にしておきたいところです。

「It」が主語の場合と「年月」が主語の場合の2パターンを押さえます。

いつも通り最後に練習問題がありますので是非腕試しをしてみてください!

スポンサーリンク

It が主語のとき

まず、It が主語の表現を紹介します。

It has been 年月 since ~」または「It is 年月 since ~」で「~から〇〇経つ」を表します。 

<例文>
It has been two years since I broke up with her.
It is two years since I broke up with her.
私が彼女と別れてから2年が経つ。

<注意>
「~から」を表す接続詞 since の節内は過去の一点を表すので、動詞は過去形となります。

年月が主語のとき

一方、年月が主語のときは「年月 have passed since ~」となります。

<例文>
Two years have passed since I broke up with her.
私が彼女と別れてから2年が経つ。

<注意>
先ほどと同様に、since 以降は過去の一点を表すので、過去形となります。
また、主語の年月が単数形の場合、例えば A year などのときは、動詞は「has passed」になります。

両者をごちゃ混ぜにしないように注意!

ここまで紹介してきた2パターンを混同しないように注意してください。

いじわるな出題者は紛らわしい問題を考えてきます。

特に「It has passed 年月」という使い方は不可なので要注意です!

<誤りの例>
×It has passed two years since I broke up with her.

「~から〇〇経つ」のまとめ

今回紹介した表現を単語カードにまとめておきますので、適宜ご活用ください。

時間の経過を表す英語表現のまとめ(1)

時間の経過を表す英語表現のまとめ(2)

問題に挑戦!

それではお待ちかね、練習問題にチャレンジしてみましょう。

かなり有名な問題なので余裕な方も多いかもしれませんが、一度解説させてください。

問題

次の和文を英訳せよ
ただし主語が、「It」の文を1つ、「Five years」の文を1つ、「She」の文を2つ、合計4通りで作文せよ。


「彼女が死んで5年になる」

<解答>

はじめの2通りは今回紹介した2パターンの表現で簡単に作文できると思います。

It has been [is] five years since she died.

Five years have passed since she died.

上でも注意しましたが、since 節内は過去形です。

「It」が主語のパターンと「年月」が主語のパターンを混同しないように気を付けましょう。

さて、残りの主語を She にした文を2つ、即答できましたでしょうか。

次のような英文を思いついたなら正解です。

She died five years ago.

She has been dead for five years.

1つ目の文は、「彼女は5年前に死んだ」と和文を少し言い換えて英訳したもので、過去形で「ago」を使うのがポイントです。

2つ目の文は、直訳すると「彼女は5年間ずっと死んでいる」で、「死んでいる」という状態を現在完了で表しています。

「死んでいる」という状態を表す形容詞 dead を用いること、期間を表すのに「for」を用いていることに注意しましょう。

この問題は超頻出ですので、解答をそのまま覚えておいても良いくらいです!
以上、今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。