【決定版】「貸す」の英語の使い分けまとめ(lend, rent, let, loan, lease):お金か無料か有料か

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★☆

日本語で同じ意味の英単語の使い分けは入試で頻出で、当ブログでもよく取り上げています。

今回は文法問題で特によく問われる、「貸す」の動詞の使い分けを総まとめします。

なお、「借りる」の動詞の使い分けに関しては次の記事をご覧ください。

「貸す」と「借りる」、対応させて押さえておくと安心です。

スポンサーリンク

一つ一つ説明していきますが、「まとめだけ見たい!」という方は下の目次からジャンプしてください。

lend

「~を貸す」の最も一般的な単語は lend です。

lend は無料で物を貸す場合、そしてお金を貸す場合に用います。

お金を貸す」には lend と次に紹介する loan のみが使用可能です。

<例文>
I lent him 3,000 yen.
私は彼に3000円貸した。

二重目的語をとれる

上の例文のように、lend は二重目的語(第4文型)をとることができます。

つまり「lend A B」で「AにBを貸す」となります。

二重目的語をとれる動詞も大学入試では頻出なので是非覚えておきましょう。

loan

loan は lend と同様の使い方をする動詞です。

lend の方が一般的ですが、「利子をとって貸す」場合には loan の方が使われやすいことを知っておきましょう。

日本語でも「住宅ローン」などと言うので覚えやすいはずです。

<例文>
I loan my motorcycle to my friend.
私は友人にオートバイを貸している。

お金だけでなく、物を貸すときにも使えるということが意外と注意点かもしれません。

rent

rent は万能な動詞で、有料なら物を貸す場合にも借りる場合にも使うことができます。

物・土地・建物などの貸し借りに使えますが、お金の貸し借りには使えないので注意です。

前述のとおり、lend(利子をとるなら loan)を使いましょう。

<例文>
I rented him an apartment.
私は彼に部屋を(有料で)貸した。

rent には「使用料・賃貸料」の意味で名詞としての用法もあります。

lease

rent 同様、有料で物を貸し借りする場合に使える動詞として lease があります。

ただし lease の場合は「正式な契約を結ぶ」場合に用います。

日本語でも「リース契約」とか言いますよね。

<例文>
I leased my cottage to her.
私は彼女に別荘を(有料で)貸した。

let

「貸す」の意味で覚えておくべき最後の動詞は let です。

有料で土地や建物などを貸す場合に用います。

使役動詞の let の意外な意味に当たるので、テストでも狙われやすいです。

<例文>
I let my cottage to her.
私は彼女に別荘を(有料で)貸している(貸した)。
※現在形か過去形かは文脈から判断。

「貸す」の動詞のまとめ

ここでまとめです。

いつもどおり単語カードにまとめましたので是非ご活用ください。

lendrentlet をまず覚えて、loan は lend  と、lease は rent と、それぞれほぼ同じ意味&使い方と覚えておくと良いと思います。

「貸す」の英語(lend、rent、let、loan、lease)の使い分けのまとめ(1)

「貸す」の英語(lend、rent、let、loan、lease)の使い分けのまとめ(2)

今回は以上です。
是非まとめを活用して、迷わないように暗記しちゃってください!
最後まで読んでいただきありがとうございました!