like so many を「多くの~のように」と訳すのは誤り?例文で訳し方を学ぼう!

難易度:★★★★
頻出度:★☆☆☆

今回取り上げるイディオムは「like so many」です。

それほど頻出ではありませんが、突然目にすると訳を間違えがちです。

ここで一度しっかり押さえておきましょう!
また、今回の例題は難しめなので、腕に自信がある方は是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

so many の意外な意味

まずは「like so many」の後ろ半分、「so many」の意外な意味を説明します。

もちろん many を so で強調した「非常に多くの」という意味もあります。

加えて、「so many」には「同数の」という意味があります。

例えば次のことわざでこの意味が使われています。

<例文>
So many men, so many minds.
人の数と同数の心がある。→ 十人十色

like so many の意味

この「同数の」という意味の「so many」に「まるで~のように」の意味の like が付いたのが「like so many」です。

like so many A」は直訳で「まるで同数のAのように」、普通は意訳して「さながらAのように」と訳します。

many の後のAには複数名詞がくることに注意しましょう。

例えば次のように用います。

<例文>
Seen from the sky, they were walking like so many ants.
空から見ると、彼らはさながらアリのように歩いていた。

直訳すると、「彼らはまるで同数のアリのように」となりますが、「さながらアリのように」と訳した方がこなれた日本語になっていてベターですよね。

なお前半の「Seen from the sky」は分詞構文です。

主節の主語 they は空から見「られる」ので過去分詞 seen となっています。

【注意】「多くの」と訳すのは誤り

前述のとおり、「like so many」の「so many」は「同数の」という意味です。

なので例えば先ほどの例文を「まるで非常に多くのアリのように」と訳すと、英作文では減点対象です。

問題に挑戦!

「like so many」の意味が分かったところで、この表現が出てくる問題に挑戦してみましょう。

けっこう難問なので、誤りの理由も含めて正解できた方は自信を持ってください!

問題

次の英文の誤りを指摘せよ。
The army has advanced like so many cattles.

<解答>

like so many A」は「さながらAのように」の意味で、Aには複数名詞がくるのでした。

cattleですので、訳は「その軍隊はさながら牛のように進軍した。」となり、どこも間違っていないように思われます。

が、実は cattles が間違いです

cattle は牛の集合体を表し、単数形で複数扱いの名詞です。

なので cattles という複数形は存在しません。

ちなみに同じ使い方をする代表的な名詞に police警官」があるので、併せて覚えておきましょう。

like so many のまとめ

それではいつも通り今回のテーマの要点を単語カードにまとめておきます。

適宜ご活用ください。

like so many A の意味と成り立ちのまとめ(1)

like so many A の意味と成り立ちのまとめ(2)

ということで、今回は「like so many」を扱いました。

盲点になりやすいイディオムですが、「so many」の意外な意味から掘り下げて解説しましたので、是非成り立ちも含めて頑張って覚えていただきたいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!