much less, still less, even less の三人衆はこの意味!(似た意味の表現多すぎ)

難易度:★☆☆☆
頻出度:★☆☆☆

今回は3つの表現、much lessstill lesseven less の意味と使い方を解説します。

これらが登場するのは基本的に比較分野の文法問題くらいなので、それほど重要度は高くないでしょう。

一度覚えてしまえば確実に得点できるので、この記事で完璧にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

3つはイコール表現

いきなりですが、much less、still less、even less はすべて同じ意味の表現です。

特に使い分けもありませんので、完全にイコールな表現と考えていただいて大丈夫です。

ただ見かける頻度としては、much less > still less > even less の順番かと思います。

否定的内容の後で「まして~ない」

much less たちは「否定的内容, much less 」のように、否定的内容の後にカンマと共に置かれることで、「まして~ない」の意味になります。

「~ない」と否定の意味になるのは less が含まれているからです。

早速例文を見てみましょう。

<例文>
She can’t read Japanese, much less speak it.
彼女は日本語を読めないし、まして話すことはできない。

冒頭でお話ししたとおり much less たちは比較の表現なので、カンマの前後には文法的に対等なものがくることに注意しましょう。

この例文では「read Japanese」と「speak it (=Japanese)」を比較し、後者の方がさらにできないことを強調しています。

ちなみに上で否定的内容と書いたのには理由がありまして、必ずしも否定文でなくても良いというニュアンスを込めています。

たしかに否定文のことも多いですが、否定的語句(例えば hardly、seldom、few、little など)や表現(例えば too … to do~ など)が含まれる文がカンマの前に来ることもあります。

次の例文で確認してください。

<例文>
I hardly know him, still less his brother.
私は彼のことをほとんど知らない。まして彼の兄弟のことはさっぱりだ。

似た意味の表現がたくさん

さて、much less たちには似た意味の表現がたくさんあります。

代表的なのは let alone~どころか~は言うまでもなくです。

直前の例文を let alone を使って書き換えてみます。

<例文>
I hardly know him, let alone his brother.
私は彼の兄弟どころか、彼のこともほとんど知らない。

much less たちと let alone には意味の違いはほとんどありませんが、前者は前から、後者は後ろから訳す場合が多いように感じます(上の各文の訳し方の違いに注目してください)。

なお let alone やその他の似た意味の表現については次回の記事でさらに詳しく解説します。

興味がある方は是非併せてご一読ください。

まとめ

最後にいつもどおり単語カードに要点をまとめます。

much less たち三人衆は意味だけでなく、「否定的内容の後で使うということもきちんと押さえておきましょう。

空欄補充問題などを解く際のヒントにもなります。

much less, still less, even less の意味「まして~ない」と使い方のまとめ(1)

much less, still less, even less の意味「まして~ない」と使い方のまとめ(2)

今回は以上です。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!