next to の3つの意味:「~の隣」より入試に出るのはコレ!

難易度:★☆☆☆
頻出度:★★★★

next to ~ は様々な場面で使う重要イディオムです。

意味としては「~の隣」が有名ですが、実は主な意味があと2つあります。

計3つの意味を例文で確認していきましょう。

特に最後の1つが入試で狙われますよ!

スポンサーリンク

next to の基本イメージ

3つの意味と例文の紹介に入る前に、3つの意味に共通する next to の基本的なイメージをお伝えしておきます。

next to のイメージはズバリ「すごく近い」です。

このイメージを持って以下の説明を読んでいただければと思います。

~の隣

~の隣」については説明不要でしょう。

例文を示してさくっと次に進みたいと思います。

<例文>
He sat next to me.
彼は私の横に座った。

<例文>
The man living next to me is stubborn.
私の(家の)隣に住んでいる男は頑固者だ。

~の次

2つ目の意味は「~の次」です。

この意味が一番、next の本来の意味「次の」に近いので、違和感はありませんよね。

例文は次のとおりです。

<例文>
Who is your favorite singer next to her?
彼女の次にお気に入りの歌手は誰?

ほとんど~

3つ目の意味は「ほとんど~」で、これが入試で狙われます。

next to の後には普通は否定語がきます。

代表的なのは impossiblenothing です。

それぞれ次の例文で確認してみましょう。

<例文>
It is next to impossible to impress him.
彼を感心させるのはほとんど不可能だ。
(彼はめったなことでは感心しない。)

<例文>
I know next to nothing about her.
私は彼女についてほとんど何も知らない。

なお、同じ意味の単語としては almost が挙げられます。

almost は入試でかなり頻出の使い方に注意すべき副詞です。

次の記事で用法を詳しく解説していますので、是非併せてご確認ください。

まとめ

最後にいつもどおりまとめておきましょう。

next to ~ の3つの意味はどれも難しいものではありませんので、一度見ておけば問題で問われても対応できるはずです。

3つの意味の中では最後に紹介した「ほとんど~」が入試で頻出です。

next to impossible」と「next to nothing」をそのまま慣用句として覚えておくのも手でしょう。

次のように単語カードにまとめてみましたので、適宜ご活用ください。

next to ~ の3つの意味まとめ(~の隣、~の次、ほとんど~)(1)

next to ~ の3つの意味まとめ(~の隣、~の次、ほとんど~)(2)

今回は問題演習はお休みです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!