No wonder の意味と正しい使い方を例文で解説【受験用】

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★☆

今回は No wonder について解説したいと思います。

会話でもよく使う表現ですが、受験用として文法上の注意点をまとめます。

スポンサーリンク

No wonder の成り立ち

そもそも No wonder には元の形があります。

It is no wonder that S+V~」です。

これは It が that 以下を指す形式主語の構文です。

訳は「~は少しも不思議ではない」や「~なのは当然だ」などとするのが適当です。

名詞の wonder の意味は「不思議/驚き」なので、この訳に不思議はないですよね。

<例文>
It is no wonder that he won the first prize.
彼が1等賞をとったのは当然だ。

この構文で「It is」と「that」が省略されると「No wonder S+V~」となります。

<例文>
No wonder he won the first prize.
彼が1等賞をとったのは当然だ。

No wonder の注意点

さて、No wonder を使う際の注意点を2つお伝えします。

No wonder の後は通常の語順

いきなり No wonder ではじまると、後の語順に戸惑いがちです。

元の形の that 節内が残っただけなので、基本的には通常の(平叙文の)語順になります。

that は必ず省略

It is を省略した場合は、必ず that も省略します。

つまり、「No wonder that S+V~」という言い方はしません。

【参考】no の代わりに…

no の代わりに little や small を用いることもできます。

意味的には同じです。

先の例文を書き換えると次のようになります。

<例文>
(It is) little [small] wonder (that) he won the first prize.
彼が1等賞をとったのは当然だ。

No wonder のまとめ

ここでまとめです。

No wonder はかなりよく使う表現なので、是非使い方を覚えておきましょう!

No wonder の正しい使い方と意味(1)

No wonder の正しい使い方と意味(2)

クイズに挑戦!

毎度恒例の問題演習ですが、今回はちょっとしたクイズになります。

ここまで見てきた例文を書き換えてみましょう。

日本語訳を少し言い換えるのがポイントです。

問題

次の和文を英語にするにあたり、空欄に適切な語を入れよ。
彼が1等賞をとったのは当然だ。
→ He (    ) the first prize.

<解答>

空欄は1つしかなく、動詞が入ると分かります。

単に「He won the first prize.」としても、「当然だ」という書き手の判断の意味合いが出ません。

答えは deserved です。

(過去形にすることに注意しましょう。)

直訳は「彼は1等賞をとるに値した。」ですが、deserve には「当然値する」のニュアンスがあります。

いかがだったでしょうか?

この類の書き換え問題は、答えがひらめくとなかなか楽しいですよね。

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!