on ~ing と in ~ing の違い:書き換え問題対策で同意表現も押さえておこう!

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★☆

今回は動名詞分野で出てくるセットで覚えるべき表現、「on ~ing」と「in ~ing」について解説します。

これらについては、両者の違いとそれぞれの同意表現をしっかり覚えておくことが大切です。

頻出の書き換え問題にも対応できるように例文を使いながら解説していきます。

スポンサーリンク

on ~ing の意味と使い方

on ~ing」は「~するとすぐに」を意味します。

on の後は動名詞、または動作を表す名詞です。

早速例文を見てみましょう。

<例文>
On arriving at the station, she went to the restroom.
駅に到着するとすぐに、彼女はお手洗いに行った。

意味上の主語が明示されていないので、動名詞(arriving)の動作主は主節の主語である she となります。

なお、動名詞の部分を名詞で書き換えると次のようになります。

<例文>
On her arrival at the station, she went to the restroom.
駅に到着するとすぐに、彼女はお手洗いに行った。

on ~ing の書き換え

大学入試では、「on ~ing」が as soon as~するとすぐにで書き換えられることが重要でよく問題にされます。

as soon as は接続詞として機能するので、後には S+V 構造がくることに注意しましょう。

またこの書き換えに限らず、句から節への書き換えでは動詞の時制に要注意です。

先ほどの例文を as soon as で書き換える場合、時制は過去なので arrived を使います。

<例文>
As soon as she arrived at the station, she went to the restroom.
駅に到着するとすぐに、彼女はお手洗いに行った。

なお、「~するとすぐに」の意味の接続詞としては「the moment」なども有名です。

次の記事でまとめて紹介していますので、興味がある方は是非ご覧ください。

in ~ing の意味と使い方

一方、「in ~ing」は「~しているときに」の意味です。

「on ~ing」同様、in の後は動名詞、または動作を表す名詞です。

こちらも例文を見てみましょう。

<例文>
You should think logically in studying math.
数学を勉強するときは論理的に思考すべきだ。

in ~ing の書き換え

「in ~ing」は when 節 または while 節 で書き換えられます。

どちらで書き換えるかは文脈や文意から判断しましょう。

どちらでも OK な場合も多いですが、~ing の部分に進行形の意味合いが含まれる場合は while 節 を用いるのがベターです。

それでは先ほどの例文を書き換えてみます。

この例の場合はシンプルに when を使えば良いでしょう。

<例文>
You should think logically when you study math.
数学を勉強するときは論理的に思考すべきだ。

問題に挑戦!

一通り重要事項の解説が終わったところで、例題に挑戦してみましょう。

ここまで紹介してきた書き換えの知識等を使ってみてください。

プラスアルファの情報もありますよ!

問題

次の意味の英文として正しいものを選べ。
道路を横断中はスマホを使うのをやめるべきだ。

1. You should stop using your smartphone in crossing the street.
2. You should stop to use your smartphone in crossing the street.
3. You should stop using your smartphone while crossing the street.

<解説>

順に見ていきましょう。

ちょっとしたひっかけにも気付くことができたでしょうか。

1番は意味的にも文法的にも正しい英文です。

「in ~ing」は「~しているときに」の意味でした。

2番は文法的には問題ないですが、意味が与えられた和文と異なっています。

~するのを止める」は1番のように「stop ~ing」で表現します。

stop to do~」では「~するために立ち止まる」の意味になってしまいます。

入試でもたまに聞かれる事項なので覚えておきましょう。

次の記事も参考にしてください。

3番は1番の英文内の「in ~ing」を while を使って書き換えています。

while は接続詞なので、後には S+V 構造がきます。

よって「while crossing」という形は誤り、ではありません!

一般に、副詞節の主語が主節の主語と一致している場合、副詞節の「主語 + be 動詞」は省略可能です。

(これは必ず押さえておくべき文法事項です!)

今回の英文では、while 節が副詞節かつその主語が主節の主語と同じ you なので、「while you are crossing the street」の「you are」が省略されています。

※今回のケースでは、while 以下が分詞構文で、意味を明確にするために接続詞を置いている、と解釈しても良いと思います。

ということで3番も、意味的にも文法的にも正しい英文です。

よって答えは1番3番です。

まとめ

最後に本記事のポイントのまとめです。

「on ~ing」と「in ~ing」は同意表現も一緒に正確に覚えておきましょう。

次のように単語カードにまとめておきます。

on ~ing と in ~ing の意味・同意表現のまとめ(1)

on ~ing と in ~ing の意味・同意表現のまとめ(2)

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!