once の接続詞の用法に注意!入試では副詞より頻出?

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★☆

今回は once の用法を整理します。

副詞としての意味はもちろんですが、大学入試対策としては接続詞としての使い方もしっかり押さえておきたいところです。

今回も例文を示しながら入試によく出る用法を確認していきます。

最後には例題も用意しましたので、是非最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

副詞の once

まずは once の副詞の用法を見ていきましょう。

副詞の once にはいくつか意味がありますが、次の2つを押さえておけば安心です。

「一度」

副詞の once の最も基本的な意味は「一度」です。

once, twice, … と回数を数える場合に用いますよね。

<例文>
You only live once.
人生は一度きり。

頭文字をとった「YOLO」は少し昔に流行りました。

「かつて」

副詞の once のもう1つの重要な意味は「かつて」です。

昔の話をするときに用いるので、過去時制で使われることが多いと言えます。

<例文>
I once worked for him.
私はかつて彼の下で働いていた。

接続詞の once

それでは今回のメインテーマである、once の接続詞の用法を見ていきましょう。

意味の紹介、補足、注意点と進めていきます。

「一度(いったん)~すると」

接続詞の once の基本的な意味は「一度いったん~すると」です。

副詞の「一度」から連想できそうな意味ですが、かなり頻出なのでしっかり覚えておきたいところです。

次の例文のように使います。

<例文>
Once you start a business, you must not give it up easily.
一度事業をはじめたら、簡単に諦めては(やめては)いけません。

【補足】こんな意味もある

なお、接続詞の once は「~するとすぐに(= as soon as)」を意味する場合もあります。

しかし無理に覚える必要はないと思いますので、余裕のある方のみ頭の片隅に入れておいてください。

【注意点】接続詞なので…

ここで1つ注意点をば。

接続詞の場合、once の後には S+V 構造がきて節を形成します。

接続詞なので当たり前と言えば当たり前ですが、副詞の場合と見分けるためにも意識しておくと良いでしょう。

once のまとめ

ここでいつも通り単語カードのまとめです。

と言っても、副詞の意味2つと接続詞の意味1つを書いただけです。

これら3つの意味をしっかり押さえることが何よりも大事なので、上で挙げた例文や後の例題も活用していただき、完全暗記しておきましょう!

once の用法のまとめ(副詞2つと接続詞1つ)(おもて)

once の用法のまとめ(副詞2つと接続詞1つ)(うら)

once の問題に挑戦!

それでは最後に今回のテーマに関する問題に挑戦してみましょう!

once の品詞を見分ける問題を用意しました。

品詞を直接問う問題は入試ではあまり見かけませんが、各単語の品詞を意識して英文を読むことはとても大事です。

品詞が違うと、全く別の意味になる単語も多いですから。

問題

次の各文における once の品詞を答え、全文を訳せ。
1. You’ll like this store once you enter it.
2. I go to Tokyo on business once a month.
3. She’s my once friend.

<解答>

1番の英文では once の後に「you enter it」と S+V 構造がきているので、この once は接続詞です。

訳は「一度入れば、この店を気に入るでしょう。」です。

または前述の補足のように「~するとすぐに」で訳し、「入店すればすぐにこの店が気に入るでしょう。」としても良いでしょう。

(文脈次第なところもあります。)

こうしてみると、「一度~すると」と「~するとすぐに」は本質的には似たようなニュアンスなんですね。

2番の英文の once は副詞です。

「once a month(一か月に一度)」や「once a week(一週間に一度)」は有名な表現ですよね。

訳は「私は一か月に一度東京に出張する。」です。

3番は少しトリッキーな問題です。

名詞 friend を修飾しているので、答えは副詞でも接続詞でもなく形容詞です。

once に形容詞の用法もあることは覚える必要はありませんが(ちなみに名詞の用法もあります)、本問のように柔軟に対応できるようにしておきましょう。

訳は「彼女は私のかつての友人だ。」です。

ということで今回は once の用法を整理しました。

品詞は何であれ、once は頻出で重要な単語です。

本記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!