another、the other、others などの使い分けを一発で理解できるまとめ

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★☆

今回は大学入試だけでなくTOEICテストなどでも頻出の、one や some と対で用いる代名詞(another、the other、others など)の問題を扱います。

これだけではイメージが湧きにくいと思いますので、早速問題を見てみましょう。

スポンサーリンク

問題に挑戦!

問題

空欄に当てはまる正しい選択肢を選べ。
I have two sisters.
One is a high school student and (   ) is a junior high school student.
①another ②the other ③others

よく見かける混乱しやすい問題ではないでしょうか。

one や some がはじめに登場し、後に続くのは another なのか、the other なのか、はたまた others なのか、、、という風にいろいろなパターンがあります。

対で用いる代名詞のポイント

でも、この類の問題はポイントを押さえてしまえば百発百中で解けるようになりますよ!

次のように単語カードにポイントをまとめて理解しておきましょう。

one や some と対で用いる代名詞(another, the other, others など)のポイント(1)

one や some と対で用いる代名詞(another, the other, others など)のポイント(2)

少し抽象的なまとめですが、このポイントを念頭に置いて上の問題を解説してみます。

one や some の相方は図で考える

問題文の和訳は「わたしには二人の姉妹がいる。一人は高校生で、もう一人は中学生だ。」と予想できます。

この状況をまず図に描いてイメージしてみましょう。

イメージすることに慣れてくれば、図は頭の中で描けば十分です。

one や some と対で用いる代名詞(another, the other, others など)の例題の解答

このように今回は「二人のうちのもう一人」ということで、単数で特定できるので、other に the をつけた ②the other が正解となります。

※ここで言う「特定できる」とは「残りのすべて」ということです(この後の図でも確認してください)。

※単数の場合は other に an をつけて another となりますが、特定できるときは an よりも the が優先されます

対で用いる代名詞のいろいろなパターン

本例に加えてさらにいろいろなパターンを下図に整理しました。

適宜参考にしてください。

oneやsomeの後に続く不定代名詞は図で考える

今回はここまでです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!