「延期する」の英語3つの使い分け:postpone、put off、delay の違い

難易度:★☆☆☆
頻出度:★★☆☆

「延期する」の英語は postpone put off が有名でしょうか。

delay に関しては「遅らせる」や「遅延」の意味で覚えている方も多いはず。

今回はこれら3つの英語の使い分け・違いを解説します。

使い分け自体が入試に出ることはありませんが、入試に出る文法のポイントや注意点も併せてお伝えします。

スポンサーリンク

postpone と put off はほぼ同じ

postponeput off は「~を延期する」と訳しますが、ほぼ同じ意味です。

put off の方がくだけた表現ではありますが、「postpone = put off」と覚えておいて問題ありません。

<例文>
We had to postpone the game because of the typhoon.
= We had to put off the game because of the typhoon.
= We had to put the game off because of the typhoon.
私たちは台風のためにその試合を延期せざるを得なかった。

<注意>
このように put off は延期する対象、つまり目的語を off の前と後の2通りの位置に置くことができます。

しかし目的語が it などの代名詞の場合、put と off の間に代名詞を挟むことに注意しましょう。
例えば postpone it = put it off であり、put off it は誤りです。

「~を消す」の turn off なども同じ使い方ですね。
turn it off の方が turn off it よりもしっくりくるはずです。

 ちなみに postpone の post は「後に」という意味です。

〇〇の後任を意味する「ポスト〇〇」や post match interview(試合後のインタビュー)とか言いますよね。

そして pone は「置く」を意味します(こっちは覚えなくてOKです)。

「後に置く」で「延期する」の意味になっているんですね。

postpone の意味をド忘れしてしまったときは、「post = 後」を思い出して乗り切ってみてください。

delay は「遅らせる」

delay は他動詞としては「遅らせる」の意味が一番有名だと思います。

また「遅延」の意味の名詞としてもよく用いられます。

「延期する」と訳すこともありますが、基本は「遅らせる」で訳しましょう。

例えば「ある物質がその化学反応を『遅らせる』。」などと使うときもあります。

この例で「延期する」はちょっと変ですよね。

【注意】すべて動名詞をとる

これら3語の最大の注意点は、「~することを延期する」を表すときは動名詞を目的語にとるということです。

つまり「postpone ~ing」、「put off ~ing」、「delay ~ing」とします。

大学入試でも頻出のポイントなので必ず覚えておきましょう。

<例文>
She postponed seeing the doctor.
彼女は医者に診てもらうのを延期した。

postpone などの後に「不定詞ではなく動名詞をとる」は重要事項ですが、現実問題としては名詞もくることが多いです。
例えば上の例文は、

She postponed her appointment with the doctor.
彼女はその医者との予約を延期した。

とも書けます。

「延期する」の英語のまとめ

ここまでの内容をまとめます。

「延期する」の意味の delay はあまり見かけないので少し小さい字で書きました。

「延期する」の英語 postpone、put off、delayの使い分けや注意点のまとめ(1)

「延期する」の英語 postpone、put off、delayの使い分けや注意点のまとめ(2)

問題に挑戦!

それでは恒例ですが、今回のテーマにちなんだ問題に挑戦してみましょう。

テストでよく見るような正誤問題なので是非しっかり考えてみてください。

問題

次の英文の中で誤っているものはどれか。
1. He put off his departure until tomorrow.
2. Do you mind my opening the window?
3. You should stop to smoke for your health.

目的語に不定詞をとるか動名詞をとるかがポイントとなる問題です。

<解答>

1番の英文では今回扱った put off が登場しています。

put off は目的語に動名詞をとりますが、前述のとおり、この文のように名詞がくることも多いです。

これは正しい英文ですが、時制が過去であることにちゃんと気付くことができたでしょうか。

put は現在形・過去形・過去分詞形が同じ形の動詞なので時制の把握には気を配らなければいけません。

今回は主語が He なので、現在ならば三単現の s がつくはず。

以上のことから、訳は「彼は出発を明日まで延期した。」となります。

この文のように「~まで延期した」は untiltill を用いて表すのが一般的です。

続いて2番の英文ですが、これも正しい英文です。

mind は「~をいやがる」の意味の他動詞で、動名詞を目的語にとります

今回は意味上の主語の my が挿入された「Do you mind my ~ing?(私が~してもいいですか?)」の重要会話表現となっています。

「Do you mind」については次の記事で詳しく解説しています。

訳は「(私が)窓を開けてもいいですか?」です。

最後の3番目の英文ですが、これが誤りです。

stop は目的語に不定詞がくる場合と動名詞がくる場合で意味が異なる動詞です。

そのような動詞は次の記事でまとめていますので、こちらも是非ご参照ください。

stop to do~」は「~するために立ち止まる」、「stop ~ing」は「~することを止める」です。

この文の意味は「健康のために、あなたはたばこ(を吸うの)を止めるべきだ。」と予想されるので、「to smoke」ではなく「smoking」とすべきです。

お疲れ様でした!
理由も含めて正解にたどり着けたでしようか?

ということで、今回は「延期する」の英語3つの違いと注意点を解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後とも当ブログをよろしくおねがいします!