see to it that の意味は?構造と注意点を押さえてテストに備えよう!

難易度:★★★☆
頻出度:★★☆☆

see to it that~」はなんだか変な形のイディオムですが、大学入試やTOEICなどで出題されると差がつきます。

今回はその構造、注意点、似た表現などをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

see to it that の構造と意味

「see to it that ~」をつくる「see to …」は「…に気を付ける」の意味です。

そして it は形式目的語で that 以下を指します。

ということで訳は「~するように気を付ける」と覚えておきましょう。

例文は次のとおりです。

<例文>
See to it that this kind of awful thing never happens again.
このようなひどいことが二度と起こらぬよう気をつけなさい。

see to it that の注意点

to it または that は省略可能です。

特に to it の省略はけっこう見かけます。

どちらが省略されてもこの熟語に気付きづらくなるので要注意です。 

<省略後の例文>
See that this kind of awful thing never happens again.
See to it this kind of awful thing never happens again.

see to it that と似た表現

「see to it that~」と同様に、形式目的語の it と that がくっついた表現を2つ紹介します。

<it と that がくっついた表現>
・take it that~:~だと思う
・depend on it that~:~に頼る

問題に挑戦!

それでは「see to it that~」が出てくる和訳問題に挑戦してみましょう。

問題

次の英文を訳せ。
Could you see that they play safely?

<解答>

この文では「see to it that~」の to it が省略されています。

see を単に「見る」と訳すのではなく、きちんと「~するように気を付ける」と訳しましょう。

答えは「彼らが安全に遊ぶように気を付けていただけませんか。」です。

まとめ

最後に、いつも通り単語カードにまとめを書いておきます。

適宜ご活用いただければと思います。

see to it that の意味、構造、注意点のまとめ(1)

see to it that の意味、構造、注意点のまとめ(2)

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました!