not to do~ に「~しないために」の意味はある? so as to do~ 等の否定に注意!

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★☆

今回は不定詞の頻出表現を扱います。

「~しないために」を表すにはどうしたら良いでしょうか。

スポンサーリンク

問題に挑戦!

まず次の例題を考えてみてください。

~しないためにの不定詞の例題

「~しないために」は「not to do~」ではダメ

選択肢①の not to を選んではいけません。

たしかに不定詞には目的「~するために」の副詞用法があります

<例文>
You must work hard to impress your boss.
あなたのボスを感心させるために、あなたは一生懸命働かなくてはならない。

しかし、それを否定して「not to do~」としても「~しないために」の意味にはならないので注意してください。

「~するために」を明示する不定詞表現2つ

ではどうするか。

まずは「~しないために」の肯定バージョン「~するために」について説明させてください。

不定詞には目的以外の用法も多くあります。

そこで「これは目的用法の『~するために』の意味ですよ」と明示できれば読み手も助かりますよね。

その目的用法を明示する表現が「in order to do~」と「so as to do~」です。

<例文>
She worked really hard in order to [so as to] get promoted.
昇進するために彼女は本当に一生懸命働いた。

これら2つの表現は超頻出なので必ず覚えておきましょう。

<メモ>
ちなみに「in order to do~」は文頭で用いることも多いですが、「so as to do~」は文頭では使えません。

In order to get promoted, she worked really hard.
× So as to get promoted, she worked really hard.

「~しないために」を表現するには?

話を元に戻して「~しないために」の表し方ですが、これら「in order to do~」と「so as to do~」を否定すればOKです。

不定詞の否定は to の前に not を置くので、これら2つの表現の否定形は、「in order not to do~」と「so as not to do~」となります。

not の位置に注意しましょう。

以上より、例題の答えは ③so as not to となります。

訳は「あなたの上司を落胆させないために、あなたは一生懸命働かなくてはならない。」です。

「~するために」と「~しないために」を意味する不定詞表現のまとめ

それでは今回の要点をまとめます。

するためにとしないためにの不定詞表現のまとめその1

「~するために」と「~しないために」の英語のまとめ(in order not to do~、so as not to do~など)

今回は以上です。

お疲れさまでした!