so/as/too/how や such の後の語順に注意!形容詞と a はどっちが先にくる?覚え方も紹介!

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★☆

英語では語順が何よりも大事です。

テストでよく聞かれる語順のルールに、so/as/too/how そして such の後に続く形容詞、冠詞 a、名詞の語順があります。 

この機会に完璧に覚えておくことをオススメします!
覚え方や理解の仕方も解説します。

スポンサーリンク

so/as/too/how の後の語順

so/as/too/how を名詞と共に用いる場合で、名詞に形容詞や冠詞 a が付くとき、その語順は次のようになります。

POINT

so/as/too/how+形容詞+a+名詞

<例文>
It’s too hot a day to go out.
外出するにはあまりにも暑すぎる(とても暑すぎて外出できない)。

有名な「too … to do~」構文です。

「形容詞+a+名詞」という語順は違和感大ありだと思います。

その正しい感覚につけ込む形で、整序問題等でよく出題されるので注意しましょう。

<メモ>
so/as/too/how は副詞で、形容詞とくっつく力が強いので形容詞を直後に引っ張ってきてしまう、と理解しておくと良いと思います。

「satoh(サトウ)」で覚えよう

語順に要注意なこれら4語は、各語の頭の部分をとって「satoh」とまとめて言われたりします。

この覚え方で暗記しても良いでしょう。

(覚えやすいような覚えにくいような。。。)

such の後の語順

一方、such の後の語順は次のようになります。

POINT

such+a+形容詞+名詞

<例文>
It is such a hot day.
今日はとても暑い日だ。

such は実は形容詞

「such は so とほぼイコール」と覚えている方もいるかもしれません。

たしかに such と so は同じ意味を持ちますし、使い方(構文)も類似しています。

しかし、両者には文法上の決定的な違いがあります。

前述のとおり so は副詞ですが、such は形容詞です。

つまり such は名詞を修飾する役割を持ちます。

「a+形容詞+名詞」のまとまりは一つの名詞と捉えられるので、such はその前につく形となります。

これが、形容詞とくっつきがちで、直後に形容詞を引っ張ってきてしまう副詞(so/as/too/how)との語順の違いであると理解しておくと良いと思います。

まとめ

それではここまでの内容をズバリまとめます。

so、as、too、how と such の後の形容詞、冠詞 a、名詞の語順のまとめ(1)

so、as、too、how と such の後の形容詞、冠詞 a、名詞の語順のまとめ(2)

問題に挑戦!

最後に今回のテーマに関する問題を紹介します。

頻出の整序問題に挑戦してみましょう。

問題

次の語句を並べ替えて英文を完成せよ。
with/He/that/so/is/obstinate/it/work/troublesome/a/to/is/him/person
彼はとても頑固な人なので、一緒に仕事をするのは面倒だ。

<解説>

和訳と選択肢を見た瞬間に、「so…that~(…なので~だ)」の構文に気付きましょう。

今回のテーマである so の後の語順に注意すれば、「He is so obstinate a person that」というまとまりが作れると思います。

obstinate は難しい英単語ですが、stubborn の類語で「頑固な」という意味なので、是非ここで覚えておきましょう。

残りの「一緒に仕事をするのは面倒だ」の部分は、that 節の中に入ることになりますが、並べ替えは容易ですね。

主語になり得る名詞は it のみで続く動詞は is しかありません。

it の後に work がくるなら、三単現の s が付いて works になるはずですから。

また、「一緒に仕事をする」は「彼と仕事をする」と読みかえて「work with him」とできます。

よって、「it is troublesome to work with him」のまとまりが作れます。

以上のことから、

He is so obstinate a person that it is troublesome to work with him.

が答えです。

ちなみに so の代わりに such を用いる場合は、次のような語順になります。

He is such a obstinate person that it is troublesome to work with him.

今回は以上となります。
最後まで読んでいただきありがとうございました!