somehow の2つの意味と someway(s):口語の例文で使い方を見ておこう

難易度:★☆☆☆
頻出度:★★☆☆

somehow は主に会話で使われる、便利な副詞です。

2つの意味・使い方がありますので、両方しっかり覚えておきましょう。

someway(s) も一緒に解説します。

スポンサーリンク

なんとかして

somehow の1つ目の意味は「なんとかして」です。

この意味では基本的に文頭や文末で用います。

次の例文をご覧ください。

<例文>
We must win this match somehow.
我々はなんとかしてこの試合に勝たなければならない。

someway(s)

someway(s) も somehow と同じで「なんとかして」を意味します。

なお、話し言葉では someway(s) の方が用いられやすい傾向にあると言えます。

また会話では強調するために「somehow, someway(s)」と2つを重ねることがよくあります。

ちなみに順序はどちらでも構いません。

次の例文でご確認ください。

<例文>
I’m going to win this tournament, somehow, someway(s).
絶対、なんとかしてこのトーナメントに勝ってやる。

<メモ>
口語では going to をよく gonna と略します。
例えば「I’m going to win」は「I’m gonna win」となります。
あくまでスラングのようなものなので、定期テストや入試の答案では使わないようにしましょう。

なぜか

somehow の2つ目の意味は「なぜか」です。

こちらの意味でも文頭や文末で用いるのが普通なので、1つ目の意味との見極めは文脈に頼る他ないでしょう。

例文は次のとおりです。

<例文>
Somehow, I can’t trust her.
なぜか彼女を信用できない。

まとめ

今回紹介した somehow の2つの意味はどちらも重要です。

なんとかして」はよく知られていますが、「なぜか」は意外と定着していない印象があります。

どちらも日常会話で便利に使えるので、是非覚えておいていただきたいと思います。

両方とも「な」からはじまるので覚えやすいのではないでしょうか。

次のように単語カードにまとめておきます。

somehow の2つの意味と someway(s) のまとめ(1)

somehow の2つの意味と someway(s) のまとめ(2)

今回は簡単ですがここまでです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。