take for granted の3パターン:意味と使い方を例文で確認!

難易度:★★☆☆
頻出度:★★★☆

頻出の熟語である take for granted には3パターンの形があります。

意味はすべて「~を当然のことと思う」ですが、英文中でこの熟語に気付けるかどうかがカギとなります。

今回は3パターンそれぞれを例文で確認し、ポイントをまとめて演習します。

<メモ>
他動詞の grant は「~を与える」という意味です。
take for granted では過去分詞、つまり受身になっています。
よって直訳「~を与えられたものと考える」から「~を当然のことと思う」の意味になります。

スポンサーリンク

take O for granted

take for granted の最も単純な形は take O for granted です。

O は目的語で、名詞または名詞句です。

<例文>
We tend to take ordinary days for granted.
私たちは普通の日常を当たり前と思いがちだ。

take for granted O

目的語 O が長い場合、O を後ろに持ってくることがあります。

つまり take for granted O の語順になります。

<例文>
We should not take for granted the blessing of Mother Nature.
母なる自然の恵みを当然のことと考えるべきではない。

take it for granted (that) S+V ~

目的語が文の場合(SV構造を持つ場合)は、形式目的語 it とそれを説明する that 節を用いることで表現します。

つまり take it for granted (that) S+V ~ の形になります。

that はしばしば省略されます。

<例文>
I take it for granted (that) he will pass the exam.
彼がその試験に合格するのは当然だと思う。

take for granted に気付くには?

ここまでの3パターンで共通なのは for granted の部分です。

よって、英文中で for granted を見つけたら、「3パターンのどれかに当てはまるのでは」と考えるようにすると良いでしょう。

もちろん take も共通ですが、take は多くの意味を持ち、英文中でこれでもかと言うくらいよく見かけ、for granted と離れた位置にあると大してヒントになりません。

また、take があまり信用できない理由がもう1つあるのですが、これについては後述します。

take for granted のまとめ

ここでまとめです。

次のように3パターンを確実に押さえておけば、英文で take for granted に出会っても適切に対処できるはずです。

take for granted の3パターン(意味・使い方・着目ポイント)(1)

take for granted の3パターン(意味・使い方・着目ポイント)(2)

take for granted の問題に挑戦!

それでは最後に、今回のテーマに関する例題に挑戦してみましょう。

take for granted の応用形が出てくる和訳問題です。

問題

次の英文を訳せ。
One of the greatest things that are taken for granted today is the Internet.

<解答>

take for granted はしばしば受身で用いられます

つまり be taken for granted の形になります。

これが上で述べた、take よりも for granted に注目すべきもう1つの理由です。

take は形を変えることがありますが、for granted は必ずペアでこの形なので。

本問では主語の one of the greatest things を説明する関係代名詞の that 節内にこの形があります。

today までが that 節で、主節の動詞が is になります。

that 節が長くなっていますが、主節の文型は単純な SVC です。

訳例は「今日当然のものだと思われている偉大なものの1つはインターネットだ。」です。

be taken for granted は「常識だと思われている」などと訳すと良い場合もあります。

ということで、今回は頻出の熟語 take for granted について解説しました。

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

お時間があるときに、是非当ブログの他の記事も読んでみてください!