わざわざ~する:take the trouble to do, go out of one’s way to do など

難易度:★★★☆
頻出度:★☆☆☆

今回は「わざわざ~する」を意味する英語表現を紹介していきます。

はじめの2つは熟語として要暗記で、あとの2つは大学受験用としては参考程度という整理になっています。

全体的に頻出度は低めですが、カバーしておくに越したことはありませんよね。

スポンサーリンク

take the trouble to do~

1つ目の熟語は「take the trouble to do~」です。

「トラブル(the trouble)をとって(take)~する(to do~)」ということで、「わざわざ~する」の意味になるのは納得できますよね。

「骨を折って~する」というニュアンスがあります。

例文は次のとおりです。

<例文>
He took the trouble to drop in on me.
彼はわざわざ私のところに立ち寄ってくれた。

drop in」は後の名詞が「人」か「場所」かで使う前置詞が変わるのでした。

気になる方は次の記事でご確認ください。

go out of one’s way to do~

2つ目のイディオムは「go out of one’s way to do~」です。

こちらも「道(one’s way)を外れて(go out of)~する(to do~) 」ということで、わざわざ感たっぷりな表現です。

<例文>
She went out of her way to meet me at the station.
彼女はわざわざ駅へ迎えに来てくれた。

<メモ>
meet には「~を出迎える」の意味があります。

<メモ>
one’s の代わりに the を用いて「go out of the way to do~」とする場合もあります。

【参考】bother to do~

bother は他動詞で「~を悩ます」や「~を困らせる」の意味が代表的ですが、どこかとらえどころのない動詞だと思います。

会話表現を中心として様々な使い方があるからでしょう。

今回紹介する bother の用法は自動詞の用法です。

bother to do~」で「わざわざ~する」の意味になりますが、この表現は普通否定文や疑問文で用いられます。

<例文>
Don’t bother to send a e-mail to me.
わざわざメールを送っていただかなくて結構です。

「(自動詞なので)自分で自分を困らせないで」というイメージでしょうか。

<メモ>
シンプルに「Don’t bother.」で「(わざわざしてくれなくて)大丈夫です。」のニュアンスで使えます。
会話表現として覚えておくと便利です。

【参考】trouble to do~/trouble oneself to do~

はじめに紹介した「take the trouble to do~」の trouble は名詞ですが、trouble には動詞の用法もあります。

しかも自動詞と他動詞、両方の用法があるので実はやっかいです。

自動詞として trouble を使う場合は「trouble to do~」で、他動詞として trouble を使う場合は「trouble oneself to do~」で「わざわざ~する」の意味になります。

なお自動詞の場合は先ほどの「bother to do~」と同じ形なので、こちらも否定文や疑問文で用いられるのが普通です。

それではこの2つの表現を使って「take the trouble to do~」の例文を少し書き換えてみましょう。

<例文:trouble が自動詞の場合>
Don’t trouble to drop in on me.
わざわざ立ち寄っていただかなくて結構です。

<例文:trouble が他動詞の場合>
He troubled himself to drop in on me.
彼はわざわざ私のところに立ち寄ってくれた。

問題に挑戦!

まとめに入る前に、ここまでの内容の復習問題に是非挑戦してみてください。

比較的簡単な英作文の問題です。

問題

次の和文を英文に訳せ。ただし way を用いること。
彼女はわざわざ私の姪にプレゼントを送ってくれた。

<解答>

way を使うように指示があるので、「go out of one’s way to do~」を使います。

過去形の文なので go を went にする、one’s は her にする、このあたりが注意点でしょうか。

模範解答は「She went out of her way to send a present to my niece.」です。

まとめ

それでは最後にまとめです。

わざわざ~する」については、まずは「take the trouble to do~」と「go out of one’s way to do~」の2つを暗記しておきましょう。

どちらも長い熟語ですが、正確に覚えておくことが大事です。

何度も唱えて丸暗記してしまうのが一番でしょう。

ということで今回の単語カードのまとめはシンプルです。

「わざわざ~する」の熟語2個のまとめ(take the trouble to do と go out of one's way to do)(1)

「わざわざ~する」の熟語2個のまとめ(take the trouble to do と go out of one's way to do)(2)

今回はここまでとなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!