There is no ~ing の意味と同意表現を押さえて、頻出の書き換え問題を攻略!

難易度:★☆☆☆
頻出度:★★☆☆

動名詞分野では慣用表現を多く学びます。

There is no ~ing」もその一つです。

長文読解ではあまり見かけませんが、文法問題では頻出なので、同意表現も含めてしっかり押さえておきましょう。

スポンサーリンク

「There is no ~ing」の意味

There is no ~ing」は「~できない」の意味です。

<例文>
There is no knowing what will happen next.
次に何が起こるかはわからない。

この「将来何が起こるか分からない」系の英文は頻出です。

同意表現

「There is no ~ing」の同意表現として最も有名なのは「It is impossible to do ~」です。

先の英文を書き換えると次のようになります。

<例文>
It is impossible to know what will happen next.
次に何が起こるかはわからない。

※ impossible を含む「できる/できない」を表す形容詞の用法については次の記事で詳しく解説しています。

他にも「~できない」はシンプルに「We can’t do ~」や「No one can do ~」でも表すことができます。

<例文>
We can’t know what will happen next.
No one can know what will happen next.
次に何が起こるかはわからない。

There is no ~ing のまとめ

ここまでの内容のまとめです。

一度覚えてしまえば確実に得点できる項目です。

There is no ~ing の意味と同意表現のまとめ(1)

There is no ~ing の意味と同意表現のまとめ(2)

問題に挑戦!

それでは最後に今回のテーマに関する問題を紹介します。

少し難易度の高い問題なので、是非挑戦してみてください。

問題

次の英文と同じ意味になるように空欄に適切な語を入れよ。
There is no denying that he is guilty
(   ) (   ) (   ) denied that he is guilty.

<解答>

与えられた英文の意味は「彼が有罪ということは否定できない。」です。

今回は目的語に that節をとっていますが、deny~を否定する目的語に動名詞をとることでも有名なので、覚えておくと良いでしょう。

<例文>
He denied having committed the crime.
彼はその犯罪を犯したことを否定した。

問題の解説に戻ります。

上で「There is no ~ing」の同意表現を3つ紹介しましたが、本問ではどれも当てはまりません。

3つ目の空欄の後が原形の deny ではなく、denied になっているからです。

知識に頼らず、その場で柔軟に考えなくてはならない問題です。

denied は deny の過去形もしくは過去分詞形ですが、過去は関係ないので、今回は過去分詞形だと推測できます。

当ブログでいつも強調しているとおり、「過去分詞といったら受身」を疑いましょう。

受身の場合、that 節は denied の目的語になれません。

そこで形式主語を考えましょう。

形式主語なら that節の説明が付きますし、It(物)が主語になるので受身にも納得です。

「できない」の意味の can’t と受身に必要な be を加えて、次の文が模範解答です。

<解答>
It can’t be denied that he is guilty.

こういうパズルのような問題は直感で簡単に解けてしまう人も多いはず。

簡単に解けると文法問題も楽しいですよね。

楽しく解くためにも、直感の助けになる基礎知識は確実に蓄えておきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回は以上です。お疲れさまでした!