be tired の後に注意、of か from かで意味が変わる!同意表現も徹底整理!

難易度:★☆☆☆
頻出度:★★★☆

tired は英語を習いたてに覚える基本的な単語ですが、意味が複数あるので実は要注意です。

今回は tired の意味と使い方を総整理し、同意表現も紹介します。

スポンサーリンク

be tired from

tired の一番有名な意味は「疲れた」でしょう。

肉体的な疲労を表します。

~で疲れた」は「be tired from ~」で表します。

<例文>
I’m tired from the long travel.
長旅で疲れた。

<メモ>
この意味では tired の後には基本的に from を用いますが、after がくることもあります。
「必ず from」と覚えずに、柔軟に対応できるようにしておきましょう。

<例文>
He looked tired after the long travel.
彼は長旅で疲れたようだった。

この英文のように、tired は look と用いられることも多いです。

「疲れた」の同意表現

「疲れた」の同意表現としては、「be weary from ~」と 「be exhausted from ~が挙げられます。

weary は tired よりも堅い語ですが、使い方はほぼ同じです。

一方、exhausted は tired より「疲れ」の程度が著しく、むしろ tired out に近く、「疲れ切った/へとへとだ」などと訳されます。

be tired of

tired のもう一つの重要な意味は「うんざりだ」です。

こちらは精神的な疲労を表し、前置詞には of を用います。

be tired of ~」で「~にうんざりだ」となります。

<例文>
I’m tired of his bragging.
彼の自慢話にはうんざりだ。

「うんざりだ」の同意表現

「うんざりだ」の同意表現としては、「be weary of ~」、「be fed up with ~」、「be sick of ~」が挙げられます。

weary は前述のとおり、tired とほぼ同じ使い方の堅い語として覚えておきたい単語です。

「be fed up with ~」もたまに見かけるイディオムなのでここで押さえておきましょう。

そして特に覚えておいていただきたいのが「be sick of ~」です。

「be tired of ~」より意味が強い表現で、会話でよく用います。

海外ドラマなどで、「I’m sick and tired of ~」という風に sick と tired を重ねて使って、うんざり感を強調するのをよく聞きます。

<メモ>
「もううんざりだ!」を表現するもっと簡単な表現は「enough!」です。
enough は「十分な」の意味でよく使う単語ですが、会話で強い口調で言うと「もううんざりだ!」の意味になるので注意して使いましょう。

tired の意味と使い方のまとめ

ここでまとめです。

いつも通り単語カード1枚にまとめますが、tired に関してはこれさえ押さえておけば十分でしょう。

tired の意味と使い方のまとめ(from と of の違い、同意表現など)(1)

tired の意味と使い方のまとめ(from と of の違い、同意表現など)(2)

問題に挑戦!

それでは最後に今回のテーマに関する問題をどうぞ。

簡単な空欄補充問題ですが、以前扱ったテーマの復習も兼ねています。

問題

次の空欄に入る適切な語はどちらか。
I think today was a very (   ) for you.
①tiring ②tired

<解答>

think の後に that が省略されています。

that節内は第2文型 SVC で、空欄に入る語は補語C を担います。

選択肢は tiring と今回説明してきた tired ですが、ここまでとは少し違った視点から考えてみましょう。

これらは他動詞 tire から派生した分詞形容詞です。

現在分詞の tiring は他動詞の意味を受け継ぎ「~を疲れさせる」過去分詞の tired は受身の意味を帯び「疲れた」となります。

SVC では「S=C」が成り立つので、今回は主語Sである today との関係を考えます。

today(今日)は「疲れさせる」側なので、現在分詞の ①tiring が正解です。

和訳は「今日はあなたにとって疲れる一日だったと思います。」や「今日は大変でしたね。」といったところでしょうか。

分詞形容詞については次の記事で詳しく説明しています。
分詞形容詞の元となる、よく出る「感情表現の他動詞」もまとめています。

といったところで今回は以上となります。

お疲れさまでした!